Contact About Works Shoto Hayakawa
ハイツアムール Interaction Movie 2018.01
観客は展示会場にある扉を開けるや否や、自分が映り込んだ映像を目にする。すると映像の中では対面する相手と扉の隙間から覗く自分の目が合っている。現実の自分はその映像を俯瞰している。一見不可分な関係が観客と映像の間に生まれており、目の前のモニターはあらゆる視点を横断する。対面する相手の言動に頷いたり、返事をしたり、ふるまいを合わせてしまう妙な強制感がある。映像の後半には観客がある現場を覗き見たと、いわれもない疑惑をかけられる。映像前半に覗いている観客を別アングルのカメラで録画し、それをリアルタイムで編集し、勝手にその現場にいたことにされる。実に理不尽なインタラクションであるが、これは日常で実際に起こり得ることかもしれない。
Heights AMOUR Interaction Movie 2018.01
As soon as the audience opens the door in the gallery, he/she sees the video that he/she appears. Then in the image, his/her eyes looking through the gap of the door matches the eyes of a person who faces. The reality him/herself birds-eye over the video. An indivisible relationship between the audience and the video is born, and the monitor in front of the audience will cross all viewpoints. There is a strange compulsion that sets the behavior to a person who faces. In the second half of the video, the audience can put suspicion on the person who is said to have peeked at the incedent scene. Record the audience peeking in the first half of the video with a camera of another angle, edit it in real time, and the audience will be decided to be on the incedent scene without permission. It is a really unreasonable interaction, but this may actually happen in daily life.
©️ Shoto Hayakawa 2019
Shoto Hayakawa
ハイツアムール Interaction Movie 2018.01
観客は展示会場にある扉を開けるや否や、自分が映り込んだ映像を目にする。すると映像の中では対面する相手と扉の隙間から覗く自分の目が合っている。現実の自分はその映像を俯瞰している。一見不可分な関係が観客と映像の間に生まれており、目の前のモニターはあらゆる視点を横断する。対面する相手の言動に頷いたり、返事をしたり、ふるまいを合わせてしまう妙な強制感がある。映像の後半には観客がある現場を覗き見たと、いわれもない疑惑をかけられる。映像前半に覗いている観客を別アングルのカメラで録画し、それをリアルタイムで編集し、勝手にその現場にいたことにされる。実に理不尽なインタラクションであるが、これは日常で実際に起こり得ることかもしれない。
Heights AMOUR Interaction Movie 2018.01
As soon as the audience opens the door in the gallery, he/she sees the video that he/she appears. Then in the image, his/her eyes looking through the gap of the door matches the eyes of a person who faces. The reality him/herself birds-eye over the video. An indivisible relationship between the audience and the video is born, and the monitor in front of the audience will cross all viewpoints. There is a strange compulsion that sets the behavior to a person who faces. In the second half of the video, the audience can put suspicion on the person who is said to have peeked at the incedent scene. Record the audience peeking in the first half of the video with a camera of another angle, edit it in real time, and the audience will be decided to be on the incedent scene without permission. It is a really unreasonable interaction, but this may actually happen in daily life.
©️ Shoto Hayakawa 2019