Shoto Hayakawa

ハイツアムール

  • Interactive Movie_2018.01

展示会場にある扉を開けるや否や、観客は自分が映り込んだ映像を目にする。観客はあるアパートの住人として、来客に対応しなければならない。扉の隙間から覗き込む自分と対面する相手の目線が合っているように見えるため、相手の言動に頷いたり、返事をしたり、ふるまいを合わせてしまう妙な強制感がある。映像の後半には観客がある現場を覗き見たと、いわれもない疑惑をかけられる。観客の姿を別アングルのカメラで録画し、リアルタイムで編集したフェイク動画を証拠として、勝手にその現場にいたことにされる。実に理不尽なインタラクションであるが、これは日常で実際に起こり得ることかもしれない。

As soon as the door in the exhibition hall is opened, the audience sees the image that he/she has reflected. The audience must respond to the visitor as a resident of an apartment. The eyes of the audience and the visitor who face each other seem to match. Therefore, there is a strange sense of compulsion that the audience will behave according to the behavior of the visitor. In the second half of the story, the audience is suspected of seeing a suspicious person. The audience are suspected based on fake videos edited in real time and recorded in different camera angles. It's an unreasonable interaction, but this may actually happen in daily life.

Shoto Hayakawa Shoto Hayakawa