Shoto Hayakawa

-

Works

-

CV

Ja

/

En

Mail
contact@shotohayakawa.org

2021.12.10 - 12.19

I participated in the exhibition “Digital Art Festival Taipei 2021—Borderless Shelter”. ↗

「Digital Art Festival Taipei 2021—無邊庇護所」に出展しています ↗

2021.12.03 - 12.26

I participated in the exhibition “Over the Fence”. ↗

「Over the Fence」に出展しています ↗

2021.10.16

I participated in the post talk  “A Woman who cleans up”. ↗

「清掃する女」のポスト・トークに参加しました ↗

2021.09.03

I designed graphics for "New Identity" serialized in the web magazine "BOLD". ↗

ウェブマガジン「BOLD」で連載されている「ニュー・アイデンティティ」のグラフィックを担当しました。↗

2021.04.03

I released the iOS App《Lost My》on the TestFlight. ↗

iOS App《Lost My》をTestFlightでリリースしました ↗

2021.03.01

《kaki》was selected in “Tokyo TDC Award 2021”. ↗

「東京TDC賞 2021」にて《kaki》が入選しました ↗

2021.02.20 - 3.14

I participated in the project《Yamahyo Crossing》by Shota Yamauchi as an engineer. ↗

山内祥太によるプロジェクト《あつまるな!やまひょうと森》にエンジニアとして参加しています ↗

2021.01.20 - 3.31

I published my work at “AMC OPEN LAB 2021—System Preference”. ↗

「AMC OPEN LAB 2021—環境設定」に出展しています ↗

2020.12.20 -

I designed the main graphic for “GUNDAM FACTORY YOKOHAMA”. ↗

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のメイングラフィックを担当しました ↗

2020.12.05

I designed the website for “ESP Cultural Magazine”. ↗

「ESP Cultural Magazine」のウェブデザインを担当しました ↗

2020.10.02 - 10.18

I designed the website for “OPEN STUDIO 2020-ONLINE”. ↗

「OPEN STUDIO 2020-ONLINE」のウェブデザインを担当しました ↗

Midnight

真夜中に

Interactive Video 2017.01

In the projected screen, there is a woman who sleeps in the bedroom bed. When the audience stands in front of the screen, the outline of a person rises up on the wall behind the bed. With an arbitrary promise from the video, when the woman wakes up from sleep the outline of the person disappears, and when the woman falls asleep the outline of the person rises again. It is a scene like a horror movie. As the audience behaves like the main character of the horror movie in the video, the story of the video is established. This is the video that prescribes the behavior of the audience.

スクリーンの映像には、寝室のベッドで安らかに眠る女性がいる。観客がその映像の前に立つと、ベッドの奥の壁に自分らしき人影が少し浮き出てくる。映像からの勝手な約束で、女性が眠りから覚めると壁の人影が消え、眠りにつくと再び人影が浮き出る。どこか、ホラー映画で見たことのある光景である。観客はその映画の主人公のようにふるまうことでこの物語は成立する。映像から観客のふるまいを規定する映像である。

早川翔人|Midnight