Shoto Hayakawa

-

Works

-

CV

Ja

/

En

Mail
contact@shotohayakawa.org

2021.12.10 - 12.19

I participated in the exhibition “Digital Art Festival Taipei 2021—Borderless Shelter”. ↗

「Digital Art Festival Taipei 2021—無邊庇護所」に出展しています ↗

2021.12.03 - 12.26

I participated in the exhibition “Over the Fence”. ↗

「Over the Fence」に出展しています ↗

2021.10.16

I participated in the post talk  “A Woman who cleans up”. ↗

「清掃する女」のポスト・トークに参加しました ↗

2021.09.03

I designed graphics for "New Identity" serialized in the web magazine "BOLD". ↗

ウェブマガジン「BOLD」で連載されている「ニュー・アイデンティティ」のグラフィックを担当しました。↗

2021.04.03

I released the iOS App《Lost My》on the TestFlight. ↗

iOS App《Lost My》をTestFlightでリリースしました ↗

2021.03.01

《kaki》was selected in “Tokyo TDC Award 2021”. ↗

「東京TDC賞 2021」にて《kaki》が入選しました ↗

2021.02.20 - 3.14

I participated in the project《Yamahyo Crossing》by Shota Yamauchi as an engineer. ↗

山内祥太によるプロジェクト《あつまるな!やまひょうと森》にエンジニアとして参加しています ↗

2021.01.20 - 3.31

I published my work at “AMC OPEN LAB 2021—System Preference”. ↗

「AMC OPEN LAB 2021—環境設定」に出展しています ↗

2020.12.20 -

I designed the main graphic for “GUNDAM FACTORY YOKOHAMA”. ↗

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のメイングラフィックを担当しました ↗

2020.12.05

I designed the website for “ESP Cultural Magazine”. ↗

「ESP Cultural Magazine」のウェブデザインを担当しました ↗

2020.10.02 - 10.18

I designed the website for “OPEN STUDIO 2020-ONLINE”. ↗

「OPEN STUDIO 2020-ONLINE」のウェブデザインを担当しました ↗

早川翔人|Fusho-Mai

Fusho-Mai

フショ舞

Interactive Video 2018.10

The installation based on a folk performing art Daimokutate in Nara. There is a fan called Fusho-Mai that is inserted at the end of Daimokutate. The shoji screen in the exhibition space shows the people who dance that Fusho-Mai. The audience is involved in the stage as a member. The audience dance to their singing moments and become an opportunity to think about the significance of stepping in classical performing arts.

奈良は上深川町の八柱神社に伝わる民俗芸能「題目立」を題材にしたインタラクティブ映像。「題目立」の終盤に挿入される「フショ舞」と呼ばれる扇舞があり、展示会場である長屋の一室の障子には、その「フショ舞」を舞う人影が映っている。観客はその一員として舞台に巻き込まれる。観客は彼らの謡う拍子に合わせて舞うことで、古典芸能における足踏みの意義を考えるきっかけとなる。