Shoto Hayakawa

-

Works

-

CV

Ja

/

En

Mail
contact@shotohayakawa.org

2021.12.10 - 12.19

I participated in the exhibition “Digital Art Festival Taipei 2021—Borderless Shelter”. ↗

「Digital Art Festival Taipei 2021—無邊庇護所」に出展しています ↗

2021.12.03 - 12.26

I participated in the exhibition “Over the Fence”. ↗

「Over the Fence」に出展しています ↗

2021.10.16

I participated in the post talk  “A Woman who cleans up”. ↗

「清掃する女」のポスト・トークに参加しました ↗

2021.09.03

I designed graphics for "New Identity" serialized in the web magazine "BOLD". ↗

ウェブマガジン「BOLD」で連載されている「ニュー・アイデンティティ」のグラフィックを担当しました。↗

2021.04.03

I released the iOS App《Lost My》on the TestFlight. ↗

iOS App《Lost My》をTestFlightでリリースしました ↗

2021.03.01

《kaki》was selected in “Tokyo TDC Award 2021”. ↗

「東京TDC賞 2021」にて《kaki》が入選しました ↗

2021.02.20 - 3.14

I participated in the project《Yamahyo Crossing》by Shota Yamauchi as an engineer. ↗

山内祥太によるプロジェクト《あつまるな!やまひょうと森》にエンジニアとして参加しています ↗

2021.01.20 - 3.31

I published my work at “AMC OPEN LAB 2021—System Preference”. ↗

「AMC OPEN LAB 2021—環境設定」に出展しています ↗

2020.12.20 -

I designed the main graphic for “GUNDAM FACTORY YOKOHAMA”. ↗

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のメイングラフィックを担当しました ↗

2020.12.05

I designed the website for “ESP Cultural Magazine”. ↗

「ESP Cultural Magazine」のウェブデザインを担当しました ↗

2020.10.02 - 10.18

I designed the website for “OPEN STUDIO 2020-ONLINE”. ↗

「OPEN STUDIO 2020-ONLINE」のウェブデザインを担当しました ↗

Stampede Simulation

Interactive Video 2018.01

When the audience stands in front of the projected image, the body of the audience is converted into a humanoid polygon, and it gets into the crowd. From the situation of Tokyo with overcrowding population in the current complex urban mechanism, we predict that crowd accidents will occur frequently due to the upcoming earthquake disaster or human disaster. As a person in a disorderly “crowd” where people temporarily gathered for each purpose rather than a “group” that respects communication with the surroundings, what kind of behavior does him/herself do when the crowd accidents occurs It will be a practice of what to do.

スクリーンの前に立った観客の身体は、映像の中で人型ポリゴンに変換され、その群集の一人として紛れ込む。現在の複雑な都市機構に過密人口を有する東京の状況から、来るべき大震災あるいは人災によって、群集事故が多発するであろうと予想する。周りとのコミュニケーションを重んじる「集団」ではなく、各々の目的のために一時的に人々が集まった無秩序な「群集」の一人として、自分はどのようなふるまいをすれば良いかの実践にならないかと考えた。